サクラにも青い春が!?青い桜のソフトフラワー公開しました


ソフトフラワーとは?
フラワーフォレストが提供するプリザーブドフラワーのことです。


皆様、こんにちは!!
フラワーフォレスト情報部です!
やってきました、毎年恒例:春の手作りソフトフラワー研究!
今年は、吸い上げ液で作る!桜のソフトフラワーです!

いきなりドンッ!
【青い桜のソフトフラワー】


社長「あのサクラにもついに青い春がきたのか~」

スタッフ「あのサクラがね~」

スタッフ「青春だなー」


・・・なんて社長とスタッフが言ってましたが、冗談はおいといて見てください!

この青く染まった綺麗な桜!!

これ、ソフトフラワーなんですよ!!
手作りソフトフラワーで通常使われる手法として漬け込み型が多いのですが、今回は花科学フラワーフォレストオリジナルの吸上げ加工液を使用して作りました。


【吸い上げ液とは】
当社では、通称:SF-M液(エスエフ-エムえき)とも呼ばれ、かすみ草、スターチスといった小花や葉物をソフトフラワー加工する際に用いる液となります。
このSF-M液の特徴は、花瓶にお花を挿すとき水を使うと思いますが、花瓶に水ではなくSF-M液を入れてお花を刺すだけで、手間なく簡単にソフトフラワー(プリザーブドフラワー)を作れる事ができる加工液です。(※注意:お花の鮮度により品質が変わります。キレイに作るコツは、摘みたてのお花のご使用ください。)
この吸い上げ液は、名前の通り色と保湿剤を茎や枝から吸い上げます。
花まで染めるためには、茎や枝も色を吸い上げるため、加工液の色が「赤色」なら「」、「青色」なら「」と色がついてしまいます。

 

吸い上げ例)今回は桜にプリザーブドフラワー加工液(SF-M液)を吸い上げさせててみました!


プリザーブドフラワー吸い上げ液SF-M液絶賛販売中です!
小花や葉物に使ってください!!
簡単に作れますのでぜひ一度お試しください。
【ご購入は、お近くの公式ネットショップでお買い求めください!!】
HanaBioハナビオ本店(お客様感謝祭開催中!2017/02/13~2017/02/28迄)
HanaBioハナビオamazon店


 

話は戻りまして、この桜の枝、青っぽくないですよね?
・・・。
・・・・・・?
・・・・・・・・・?!

そうなんです!!
枝が青く染まらずナチュラルな色を残したまま、桜の花弁だけを青く染めあげた桜のソフトフラワーができました!!
(そのため、執筆時のテンション高めです⤴⤴⤴)

これは昔、かすみ草を吸い上げ液で作った時、茎(緑色)と花(各色)の色を分けて作ることに成功した、フラワーフォレスト小林照美先生のアイデアで作ったソフトフラワーなのです!

 

 

春の足音が聞こえる2月、早く来い来い春の風と思いながら、桜が待ち遠しい今日この頃。

皆様もお身体には十分お気をつけて、手作りソフトフラワー(プリザーブドフラワー)を楽しみましょう!

 

 

 

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

では、また新情報があり次第お知らせします!
フラワーフォレスト情報部!

【※1注意】
今回使用した、この青い桜のソフトフラワー(プリザーブドフラワー)は、花科学フラワーフォレストが専用に開発した吸い上げ液となり、現在市販されているSF-M液とは成分が若干異なります。