プリザーブドフルーツを作るよ!えっ、フラワーじゃないの!?編

こんにちは!

フラワーフォレストスタッフです!

今回はブログではなく、フラワーフォレスト代表・ソフトフラワー協会本部校講師の小林照美のWEBレッスンをお送ります!

実は、アクアプリザーブドフラワー特集の第2回「フルーツアクアプリザ編」で使用した「プリザーブドフルーツ】を作ってみたい!とご視聴者の方からご要望をいただきましたので、今回は特別WEB講座を開講します!

【花科学グループ・フラワーフォレスト:手作りプリザーブドフラワー講座始まります!】

 

【フルーツアクアプリザーブドフラワー】ってなに?という方は、前回の記事をご確認ください!

 

フラワーフォレストでは、2001年にプリザーブドフルーツを発表しました。

その際は、通常のプリザーブドフラワー加工液と同じように【脱水脱色工程】【着色工程】【※1:すすぎ工程(付きすぎた色素を脱水脱色液ですすぎ洗う工程)】【乾燥工程】を経てプリザーブドフルーツを作成していましたが、今回講座取り扱う方法は「すすぎ工程」が不要で簡単に作れる簡単なソフトカラーシリーズの加工液を使用します。

話を聞いていると、プリザーブドフルーツって作るの難しそう・・・とお思いの皆さん!ご安心ください!

プリザーブフルーツ作りは、「レモンやライム」ならフラワーフォレストの、「プリザーブドフラワー加工液プレミアム:ソフトカラーシリーズ(ネット通販店:ハナビオ本店にリンクしております)」なら簡単に作れちゃいます!

これも前の記事に詳細がありますので合わせてご確認ください。

 

【それでは始めましょう!】

・今回は【生のレモン】を使用します

・プリザーブドプレミアム加工液ソフトカラーシリーズⅠ液(脱水脱色液)とⅡ液(着色液)

・蓋が閉まるプラスチックもしくはガラス製の容器を2つご用意ください(脱水脱色用と着色用)

※重要:素材がアクリル容器は、絶対にご使用しないでください。

・ビニール手袋(手が汚れるのを防ぐため)

・乾燥台

・レモンをカットするための包丁とまな板

今回はWEB講座ということで動画をご用意いたしました!

【WEB講座のおさらい】

☆用意した生のレモンを輪切りにします。

ソフトカラーシリーズⅠ(脱水脱色液)を容器に移して、カットしたレモンを加工液の中に入れてください。

漬け込み時間は、5時間~8時間程漬け込みます。

☆ソフトカラーシリーズⅡ(着色液)を2つめの容器に入れます。

ソフトカラーシリーズⅠ(脱水脱色液)から「脱水脱色加工」が完了したレモンを取り出し、着色加工液の中に入れてください。

漬け込み時間は、6時間~12時間程漬け込みます。

☆着色工程が終了しましたら、Ⅱ液からレモンを取り出して形を整え、自然乾燥を行います。

(自然乾燥の目安は約1日~3日程で乾燥します)

わずか「3ステップ」でプロ愛用の本格2液タイプのプリザーブドフラワーが完成です!

完成したプリザーブドフルーツは、美味しそうでも「絶対に口に入れたり、舐めたり、食べないでください」

ここだけは絶対に注意してくださいね!

 

簡単にレモンのプリザーブドフルーツが作れる加工液は下記の販売店でご購入いただけます!

どちらの販売店も最短即日出荷対応していますので、安心してご利用ください。


 


2006年には珍しいプリザーブドフラワー(フルーツ)ということでプリフラの表紙にも使っていただきました!

ありがとうございます!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!